学校教育において校則はなぜ必要なのか?学校教育と校則のポイントなどをご紹介

学校生活を安全に過ごすためには厳しい教育と校則が必要という考え方が昔の主流

昔の学校を思い出すと基本的には厳しい教育と校則が用意されており、その中でスパルタのように体罰などがおこなわれていることも珍しくなかったです。
ルールを決めることで、ルールを破った人間に対しては体罰を加えることで、悪いことを正すようなことをしていましたが、現在では体罰は禁止されているのでやってはいけません。
また現在では子供達が自由に教育を受けられるように、徐々に学校の環境にも変化が起きており、校則の内容も厳しくなくなっています。
そのため頭髪なども昔よりは自由に各自で決めることができますし、服装も男女で似たようなスタイルになっていることが増えているので、現在の子供達は昔よりも快適な空間で授業に参加できているはずです。
昔は先生が絶対的な存在でしたが、現在では生徒と対等な関係で授業などをすることが増えていますから、理不尽な扱いをされてしまうような子供も減っています。
そのような状況でも子供達は健やかに成長していますから、何も問題がないのかもしれないです。

校則は教育現場で集団生活を送るために必要なもの

生徒にとって不満の出る理不尽な校則があり、それを改善しようとしても大人が見向きもしてくれなかったり、総会などでも後日検討・継続検討事案としてなし崩しにされたりすることがない限り、校則は豊かな集団生活を送るためには必要なきまりです。
そして、その内容は教育的に生徒の自立を促し実現するものでなくてはなりません。
教育は、自己実現をするために行われる活動です。
生徒が自分を信じ、互いに認め合う中で自分の能力を見極め、それを少しでも伸ばしていく行為です。
ですから、成長を妨げるものであってはなりません。
具体的には、一般常識的な範疇で集団の利益を害さない範囲で個人の自由があるということが大切です。
服装や頭髪、持ち物や言動などが対象となりますが、個性をつぶして仲間に合わせなくてはならないという厳重なものではなく、1人1人の実情にみあったものでなければなりません。
1人の幸せはみんなの幸せという考え方も大切にすることが必要です。

校則,教育に関する情報サイト
校則は学校教育に必要?

このサイトでは学校教育でなぜ校則が必要になるのか、ポイントなどを分かりやすく紹介していきます。学校生活を安全に過ごすためには、厳しいルールなどが必要だという考えが昔の主流でしたが、そのような点についても解説するので、現在と昔の違いなども分かるはずです。そして多くの子供が自己判断能力が低いような特徴がある点も、丁寧に説明していきますから、なぜ学校にルールが必要になるのかを知ることができると考えられます。

Search